気持ちの整理を行なうためにきちんと遺品の整理を行おう!

亡くなったあとは

事前にヒアリングと見積もりを行う

交通事故や病気で家族や親戚が急に亡くなることも稀ではありません。急な事態には冷静に対処することは人間だれしも難しいものです。特に親しい間柄の人が亡くなった場合は精神的に不安定となってしまいます。急な事態の時でも冷静に対応できるよう普段から準備しておくことが大切です。それは故人がどのような葬儀を望んでいるのかやどの葬儀屋に依頼するのかを決めておくことです。故人がこじんまりとした家族葬を望んでいるのか会社の関係者などを呼んでの豪勢な葬儀を望んでいるのか、献花で華やかに祀ってほしいのかや棺に何をいれてほしいのかといったことを確認しておきます。亡くなる前に縁起悪いと思う方も多いですが、元気なうちに聞いておかないと故人の希望を聞きそびれることになります。

葬儀屋に見積もりを依頼する

どのような葬儀にしたいのかヒアリングを出来たら次に葬儀屋選びとなります。これは故人の家の近くや火葬場の近くから選ぶことになります。数社の葬儀屋に対して見積もり依頼の電話をして打ち合わせをします。この時見積もりであっても葬儀屋は対応良く打ち合わせしてくれます。仮に見積もりをしてほしいことを伝えて対応が悪いのであればそこには依頼しない方が無難です。お世話になった故人を気持ちよく送り出すことが出来なくなることになってしまいます。故人の望む葬儀内容を同じように葬儀屋に依頼して見積もりをもらい、担当者の対応の良さと見積額を総合的に判断してどこの葬儀屋に依頼するのか決めておきましょう。この時インターネットの口コミサイトを参考にするのも良いです。